キラーコンテンツはサクラ|中国人向けSNSでバズらせる秘訣を徹底解説!

中国人はSNSを活用し、様々な情報を集めています。事実「訪日外国人消費動向調査、2018年年間値の推計」によれば、中国人が旅マエに役立つ情報源として、SNSの投稿が1位に来ています。中国人向けインバウンド対策を実施する際には、SNSは最重要ツールになると考えられるでしょう。

では、中国人向けにSNSで情報を発信する際にどのような情報を発信すればいいのでしょうか?本記事では中国人向けSNSでバズらせる秘訣について徹底解説していきます。

4月の旅行系インフルエンサーのweibo上のバズった投稿を分析!

弊社、クロスボーダーネクスト株式会社(以下、クロスボーダーネクスト)では日本情報を発信する中国人インフルエンサーに特化したMCNを運営しております。MCNとは平たくまとめると、インフルエンサーをマネジメントする事務所です。

クロスボーダーネクストMCNでは、日本情報を発信する中国人インフルエンサーが100人以上おり、日々数多くの情報を以下のような中国人向けSNSで発信しています。
中国版Twitterであるweibo(ウェイボー)や中国版LINEであるWeChat(ウィチャット)、日本でも流行っているTikTok(ティック・トック)、中国版インスタグラム+アマゾンと言われる中国発SNS型ECアプリ「小紅書(RED)」

そこで今回の記事では、クロスボーダーネクストMCNに所属するTOP中国人インフルエンサーである下記の5名のアカウントのバズった投稿を分析。

日本零君(にほんれいくん)

林萍在日本(リンピンザイリーベン)

七日野鬼(ナノカノオニ)

良品志LPZine(リョウヒンシ)

小希在日本(シャオシーザイリーベン)

上記の5アカウントの投稿がなぜ、バズったのかをわかりやすく解説していきたいと思います。汎用性がある形にまとめているので、ぜひ明日からの中国人向け情報発信にお役立てください。

中国人にウケるコンテンツの切り口とは?3つのパターンを解説!

中国人インフルエンサー5アカウントのバズった投稿を分析してみると、3つの切り口に別れておりました。今回はその3つの切り口を紹介します。しかしながら、中国人にウケる情報発信の切り口は3つ以外にもたくさんあります。今回は4月度の投稿からピックアップした形になりますのでご了承くださいませ。また、他の機会に別の切り口は紹介していきたいと思います。

中国人にウケる切り口1:キラーコンテンツである桜を活用する

1つ目の切り口は、キラーコンテンツである桜を使うとバズを起こしやすくなります。下記の投稿は中国人インフルエンサーである「日本零君」が4月度のおすすめ観光地として奈良の300年桜を紹介した投稿です。

日本零君4月度のおすすめ観光地として奈良の300年桜を紹介した投稿
日本零君4月度のおすすめ観光地として奈良の300年桜を紹介した投稿

配信形式:ショット記事と4枚画像
シェア数:294
コメント数:101
Like数:695

バズった理由としては、例年桜の美しい景色の画像が人気で、樹齢300年と星空と桜の独特な雰囲気の画像を投稿がヒットしたと考えられます。

中国人が桜を好きな理由は限定性と日本独自のコンテンツだから

中国人にはなぜ、桜がキラーコンテンツになるのでしょうか。理由は2つ考えられます。

1つは、桜の見られる期間が決まっている、限定性が理由です。中国人は限定性にとても弱いです。期間限定やこの場所限定などのフレーズに敏感で、訪れたくなったり、購買したくなります。日本人もそうですが、限定性は非常にパワーのあるフレーズです。

2つ目の理由は、桜が日本独自のコンテンツとして中国に根付き始めているからです。中国では花見をする習慣がありません。だからこそ、日本に訪れたら一度はしてみたいことに花見が入っていることがほとんどです。事実、国内最大級のインバウンドニュースメディア「訪日ラボ」での記事によれば「weiboでハッシュタグ「清明節三連休、桜の季節の日本」が9000万ビューを超え(2019年4月8日22時確認)、投稿数は1.4万を超えユーザーの注目を集めています。」とのこと。

また、中国発SNS型ECアプリ「小紅書(RED)」でも桜にまつわる投稿が3月、4月になると非常に多くなります。

中国発SNS型ECアプリ「小紅書(RED)」内のお花見投稿
中国発SNS型ECアプリ「小紅書(RED)」内のお花見投稿

桜需要で2019年3月〜4月の中国人訪日外客数は好調!

桜需要で2019年3月〜4月の中国人訪日外客数にも影響を与えています。

日本政府観光局が5月21日に発表した訪日外客数(2019 年 4 月推計値)によると前年同月比 6.3%増の726,100人で、4 月として過去最高を記録。 2018年1月〜4月と2019年1月〜4月を比べると10%増の2,895,400人の中国人が日本に訪れています。

同じく、3月の中国人の訪日外客数も好調でした。前年同月比 16.2%増の 691,300 人で、3 月として過去最高を記録。他の台湾、韓国などは、訪日外客数が伸び悩みましたが、以前、中国からの訪日外客数の伸びは衰えません。

中国人にウケる切り口2:中国で話題になっている×日本限定のイベント

少し、桜の話で脱線をしてしまいましたが、中国人にウケる切り口の2つ目は、中国で話題になっている事と日本限定のイベントを掛け合わせることです。

中国人インフルエンサー「小希在日本」の実際の投稿から見ていきましょう。
下記の投稿はTiffanyカフェのVlog動画になります。Tiffany香水のプレゼントキャンペーンも実施していました。

中国人インフルエンサー「小希在日本」TiffanyカフェのVlog動画
中国人インフルエンサー「小希在日本」TiffanyカフェのVlog動画

配信形式:詳細記事+Vlog動画
シェア数:1,150
コメント数:104
Like数:72

バズった理由としては、中国でもTiffanyのブランドの認知度が高く人気です。さらに、原宿にできたTiffanyカフェは写真映えがいいということが話題になっていました。そこで話題に便乗し、実際に行ってみたことをリアルに伝えた結果、バズが起きました。

もう一つ投稿を見ていきましょう。
下記の投稿は、松屋銀座の「トムとジェリー」80周年展覧会の見どころ、実施期間、行き方、チケット販売を紹介している内容です。トートバッグのプレゼントキャンペーンも実施していました。

中国人インフルエンサー「小希在日本」松屋銀座の「トムとジェリー」80周年展覧会
中国人インフルエンサー「小希在日本」松屋銀座の「トムとジェリー」80周年展覧会

配信形式:詳細記事+詳細紹介が入っている9枚画像
シェア数:582
コメント数:125
Like数:104

「トムとジェリー」が中国でも大人気なアニメ、ネットで話題になっています。その話題に便乗し、ただのイベント写真紹介だけではなく、展覧会の魅力と基本情報を観光客目線で紹介したため、バズが起こったと考えられます。

このように、中国で人気があるもの+日本限定のイベントは、バズが起こりやすいコンテンツです。

中国人にウケる切り口3:ニーズがあり、まだ知られていないディープなコンテンツ

中国人にウケる切り口3つ目は、ニーズがあり、まだ知られていないディープなコンテンツです。こちらも実際の投稿を元に解説していきます。

まずは、日本情報を発信するインフルエンサーとしてTOPクラスの影響力をもつ、林萍在日本の投稿です。下記の投稿は、六月におすすめの観光地紹介として、葛飾区菖蒲園の花祭りを紹介しました。

中国人インフルエンサー林萍在日本六月におすすめの観光地紹介として、葛飾区菖蒲園
中国人インフルエンサー林萍在日本六月におすすめの観光地紹介として、葛飾区菖蒲園

配信形式:記事+動画
シェア数:378
コメント数:759
Like数:386

6月は元々、あじさいを見る季節として、中国でも知られております。しかしながらまだまだ、どこであじさいを見たらいいのか?という情報が中国には届いておりません。そこで葛飾区菖蒲園の花祭り紹介したところ、バズを起こすことができました。

下記の投稿は、ディープな日本情報を伝えるインフルエンサーとして支持をえている七日野鬼が東京から名古屋の一日旅行攻略を配信したものになります。

七日野鬼が東京から名古屋の一日旅行攻略を配信
七日野鬼が東京から名古屋の一日旅行攻略を配信

配信形式:微博長文記事+画像
シェア数:263
コメント数:78
Like数:130

中国人の方々は東京を拠点にし、様々な所に日帰りで旅行をすることが非常に多いです。しかしながら、名古屋が日帰りでいけるスポットだということは、まだまだ知られておりませんでした。だからこそ、東京から日帰りで遊んでこれる情報を発信したところバズを起こせました。

下記の投稿は、クロスボーダーネクストが運営するweiboアカウント良品志LPZine」の「日本お城」ランキングを発信したものです。

「良品志LPZine」の「日本お城」ランキング
「良品志LPZine」の「日本お城」ランキング

配信形式:詳細記事+9枚画像
シェア数:214
コメント数:61
Like数:79

日本のお城に関して、こんないっぱいあると知っている中国のユーザーがまだ多くはありません。また、各都市のお城紹介を通じて、自分の日本旅行のために役に立つ情報や、日本に行きたい方たちにシェアできる有益な情報として認識されるため、人気になったと考えられます。

これらの3つの投稿のように、ニーズがあり、まだ知られていない日本情報を発信するとバズを起こせました。

日本のトレンドと中国人のニーズを意識すれば、バズらせるコトができる

中国人にウケる投稿をする上で重要なのは、日本のトレンドと中国人のニーズを意識することです。そうすれば、100%ではないですが、バズる可能性が飛躍的に上がります。

クロスボーダーネクストでは、これまで数多くの中国人インフルエンサーの投稿を管理してきました。そのおかげで、中国人にウケるコンテンツの作り方のノウハウを貯めることができました。本ブログではそのような情報を積極的に発信していきたいと思います。また、次回もお楽しみくださいませ。

中国下半期イベントカレンダーを無料でお送りしています。
ショッピングビックイベント、季節のイベントなどなど、シーズナリティを投稿に反映すると、注目率も高まります!
中国下半期イベントカレンダー、資料ダウンロードからお役立てください!

また、中国人向けのコンテンツ作成やインフルエンサーの依頼なども気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × five =