オススメの中国向けpr会社3選|選び方から中国のメディア事情も合わせて紹介

中国インバウンド、アウトバウンド担当者で以下のようなお悩みはないでしょうか。

  • 中国向けPRに取り組みたいがどうすればいいのかわからない
  • 中国向けPR会社にお願いしたいけどどうすればいいかわからない

そこで今回は、中国向けPR会社の選び方、オススメの中国向けPR会社を紹介します。

中国のメディア事情:独自のインターネット文化

中国は独自のインターネット文化を築いている
中国は独自のインターネット文化を築いている

中国ではグレート・ファイアウォールの影響で、GoogleやFacebook、Twitterなど海外のSNSやインターネットサービスが利用できません。ちなみにグレート・ファイアウォールは中国全土に敷かれているインターネット検閲・ブロックシステム「金盾(きんじゅん)」のファイアウォール機能のことを指します。
このグレート・ファイアウォールで国内サービスしかインターネットで利用することができません。

そのため、中国国内では独自のインターネットサービスが展開しています。その例が、中国版Googleと言われるバイドゥです。独自のインターネット文化が発展しているため、中国のインターネットサービスやメディアを熟知してPRを行わなければ、中国国内でのPRに成功することはありません

中国で商品を売るコツは商品を知ってもらい、ブランドを育てること

中国で商品を売る秘訣はまず、知ってもらうこと。そしてブランドを育てることです。中国国内で成功している資生堂の例を見てみましょう。

中国人女性の認知率1位は「資生堂」90%超(日韓の化粧品ブランド認知状況)【ヴァリューズ調べ】より引用
中国人女性の認知率1位は「資生堂」90%超(日韓の化粧品ブランド認知状況)【ヴァリューズ調べ】より引用

リサーチ会社ヴァリューズの調べによると、中国人女性の9割が「資生堂」を認知しています。だからこそ、中国でもここまで成功していると言えます。また、資生堂は1981年から中国に進出しています。P&Gが1988年、ユニリーバが1986年に進出をしていると考えるとかなり早い時期から進出し、ブランドを築いてきたと言えるのです。

商品を知ってもらうために必要なのがPR

資生堂の事例を見る限り、認知度が高いと必然的に、消費者の人々に選ばれる対象になるのではないかと考えられます。そのためにも、PRを行い、メディアやTV、SNSなど様々な媒体に露出し認知度を上げていくことが中国進出で必要なアクションとも言えるでしょう。

しかしながら中国向けPRをしたい、と思い立ってもどのような企業にお願いすればいいのでしょうか。

中国向けpr会社の選び方

ここでは、中国向けpr会社の選び方を紹介します。様々な選び方があると思いますが、今回紹介するのはあくまでも一つの判断基準だと思い、見ていただけますと幸いです。

得意分野は何か?

まずは得意分野を把握してみましょう。企業によってPRの得意分野が異なります。ある企業はTV関連とのつながりが強く、TV露出をすることに長けているかもしれません。一方、別の会社はインフルエンサーキャスティングが得意でインフルエンサーを起用したPRが得意かもしれません。

このように企業ごとに得意分野がありますので、得意分野を把握してから依頼をしましょう。また、自社がどんなPRをしたく、どのようなKPIを目標に実施するかまで、事前に検討をしておくと相談がスムーズに進むでしょう。

自社の業界に合う実績はあるか?

自社の業界にまつわるPRの実績があるか確認してみましょう。あなたが化粧品会社を経営している場合、やはり、化粧品会社のPRに強い会社があれば、その会社にお願いしたいですよね。また、同じ業界の実績や事例があれば、イメージもつきやすくお願いもしやすいですね。

各中国媒体とのつながりはどれくらいあるか?

得意分野にも繋がりますが、中国メディアとのどれくらいのつながりがあるかも確認しておきましょう。PRは各メディアとの強いつながりがあると上手くいく分野でもあります。念の為、確認もしてみましょう。

オススメの中国向けpr会社3選

中国向けPRについて色々と調べているとは思いますが、実際にどのような会社があるのだろうか?と疑問に思う担当者も多いのではないでしょうか。そこでおすすめの中国向けPR会社を以下に紹介していきます。

クロスボーダーネクスト

日本情報に特化したインフルエンサー事務所を運営しているクロスボーダーネクスト。中国人インフルエンサーを活用したSNS上でのPRに強みがあります。日本情報を発信するインフルエンサーとして人気を集めるリンピンさんもクロスボーダーネクストの事務所に所属しています。

ベクトルチャイナ

ベクトルチャイナ公式サイトより
ベクトルチャイナ公式サイトより

 

日本でPRTIMESを運営するベクトルグループの中国法人であるベクトルチャイナ。日本と同等のサービスを中国で展開しているため、馴染みやすくかつ、実績も豊富ですので依頼もしやすいのではないでしょうか。

トレンドPR

トレンドPR公式サイトより
トレンドPR公式サイトより

ソーシャルリスニングを活用し、中国人のインサイトを揺さぶるコンテンツ作成とKOLも活用した拡散力が強みのトレンドPR。その他にも中国越境ECなどのサービスも展開しているトレンドExpress社が提供しています。

中国で成功するためにはPRは必要不可欠!様々なPRにチャレンジしてみよう

中国で成功させるためには、まず知ってもらうことが重要です。そのためにはPRは必要不可欠な存在です。様々なPR手法がありますが、自社にあったPR手法から取り組んでみてはいかがでしょうか。

中国インフルエンサーやKOLを活用したSNSPRをしませんか?

これまで400社以上の中国インフルエンサーやKOLを活用したプロモーションを支援してきたクロスボーダーネクストのインフルエンサーマーケティングのノウハウやサービス概要資料を無料でプレゼント中。下記よりダウンロードください。