【2022年上半期】小紅書(RED)5つの最新トレンドとは?

中国版Instagramである小紅書(RED)は中国の最新のトレンドが分かるプラットフォームとされています。そんな小紅書(RED)が2022年上半期の投稿やユーザーのトレンドを発表。

今回の記事ではその資料を元に2022年上半期で小紅書(RED)内でどのような投稿が流行っていたのか?どのようなワードが検索されたのか?など紹介していきます。

そもそも小紅書(RED)について詳しく知りたい!という方はまず、以下の記事から読んでいただくといいかと思います。

【最新】中国発SNS型ECアプリ小紅書(RED) とは? 中国インバウンド対策の事例も合わせて紹介

コンテンツの好みの変化と5つのトレンドを紹介します。

2022年上半期で起きている小紅書(RED)内でのユーザーの変化|食品・家具・ゲームなど興味を持つユーザーが増えている

元々、小紅書(RED)は写真つきのコスメの口コミアプリとして始まりました。ですので美容関連の投稿も多く、美容系の情報を求めるユーザーが多くいました。近年では美容以外のジャンル、例えば食品やグルメなどの投稿が増えてきているですが、2022年では更に、それらのジャンルも増え、他にもゲームや家具といったジャンルの投稿やそれらの投稿を検索数も増えています

事実、上記の図を見てみるとグルメ、映画、フィットネスなどのコンテンツのインプレッションが増え、グルメや教育のジャンルの検索数が増えています。日本のInstagramもそうですが、写真映えするコンテンツは小紅書(RED)上でも人気でグルメの伸びは目を見るものがあります。

コロナの影響でお家時間を過ごすコンテンツ消費が増えている

中国上海を中心に今年の3月からロックダウン状態が続いております。その影響もあり上記の図の通りお家時間を過ごすコンテンツの消費が伸びているそうです。自炊方法の紹介や家でできるフィットネスなどが中心に伸びているそうです。小紅書(RED)でも動画コンテンツの投稿もできるのでフィットネスや自炊方法などのハウツー系の投稿がとても伸びているそうです。

小紅書(RED)内でのコンテンツ消費トレンド①自炊スキル

ダイエットやデザート系の料理にまつわる投稿の検索数がとても伸びているのが見て取れますね。ヘルシーな料理を作ることを心がけているそうです。コロナで自宅にいるので運動不足になり、太っている人が増えていることからこれらのニーズが感じ取れますね。

また、面白いのがエアフライヤーにまつわる検索数がとても増えていることです。

中国ではエアフライヤーが非常に売れているようで、良い機材がないと良い仕事ができないといったトレンドがあるようでその中でもエアフライヤーは何でもできるということでかなり重宝されていうようです。エアフライヤーにまつわる投稿が前年の9倍以上になっているのは非常に興味深いです。

小紅書(RED)内でのコンテンツ消費トレンド②フィットネスの流行り

冬季オリンピックの影響もあり中国ではスポーツへの関心が高まっています。そこにコロナでのロックダウンも重なりホームフィットネスという自宅でできる運動へのニーズが3月以降、急激に伸びています。劉耕宏というホームフィットネス関連のインフルエンサーの影響力がかなり強まったそうです。

ダイエット関連の検索数がかなり多くなっています。ホームフィットネスを教えている劉耕宏の検索数が伸びていますね。

小紅書(RED)内でのコンテンツ消費トレンド③

コンテンツやユーザーのニーズが多様化していると言ってもやはり小紅書(RED)内で不動の人気を誇るのがファッションやコスメ関連です。元美を求めて情報収集するユーザーが元々、多いプラットフォームですがその勢いは留まることを知りません。

特に化粧水やクリームなどもまつわる検索数やコンテンツ数はどんどん伸びています。

小紅書(RED)内でのコンテンツ消費トレンド④家の周りの散歩

コロナの影響で昔からの観光地などに訪れづらくなっております。その影響でキャンプやピクニック、花見といった家の周りで楽しめる自然を活用したアクティビティーの需要が伸びています。

特にキャンプ周りの投稿や検索数が以上に伸びています。キャンプ料理は昨年4月対比で2605%も検索数が伸びています。異常なまでの伸び率と言っても過言ではないでしょう。

小紅書(RED)内でのコンテンツ消費トレンド⑤

日本も同じですが、コロナの影響で自宅で楽しめる遊びが人気となっていますね。ゲームやドラマ、自宅で楽しめる趣味関連の検索数、コンテンツ数が伸びていることが上記の図から読み取れます。

ニンテンドースイッチにまつわる検索数も増えているのが上記を見てわかります。日本のゲームは中国でも沢山のユーザーに選ばれており、どうぶつの森も大変人気です。

まとめ|コロナの影響でお家需要やキャンプなどが伸びていてロックダウン解除の動きが後半がポイントに

ロックダウンの影響が大きかった2022年上半期だったかなと小紅書(RED)のトレンドを見て取れました。中国の今が分かるプラットフォームとして使える小紅書(RED)2022年下半期はロックダウンも解除されると思いますので、解除後の動きがポイントになるかなと思います。

引き続き、小紅書(RED)内の動向を紹介していきます。

PR:REDインフルエンサーを活用し、中国人に向けてPRしませんか?

中国版インスタ&アマゾンである「RED」で活躍するインフルエンサーを活用し、PRすることが中国では流行っています。REDインフルエンサーを活用したプロモーションの事例や詳細資料を無料で配布しています。上記よりダウンロードください。