【2024年】中国618セールで小紅書(RED)が大成功?

今年の618セールで、小红书(Xiaohongshu)は予想外の大成功を収め、多くの注目を集めました。

618セールは中国の年中最大のショッピングイベントの一つであり、多くの企業が競い合う場となっています。

他のプラットフォームがライブコマースや低価格競争、618セールでの激戦に注力する中、小紅書は一味違います。大々的な「低価格戦」も、「321でリンクをクリック」のようなスローガンも掲げず、独自の販売スタイルで注目を集めました。

その結果、小紅書は618セール期間中の注文数が440%増加し、今年の618セールでサプライズヒットとなりました。小紅書(Xiaohongshu)のECが特別に発表した618ライブシーズン業界店舗配信経営トップ10ランキングにより、この成功が裏付けられました。

小紅書では、フォロワー数が10万人程度のインフルエンサーでも数千万の売上を生み出しているのが特徴です。最も競争が激しいライブコマースの年に、小紅書はどのように「小さな力で大きな成果」を得ることができたのでしょうか?

小紅書、618セールでライブコマースに注力し注文量が急増!もう「部外者」とは呼ばせない、今年の小紅書(Xiaohongshu)618セール!

昨年の618セールでは、小紅書のライブコマースはまだ試行錯誤の段階にあり、ユーザーのエンゲージメントやブランド認知も理想的なレベルには達していませんでした。しかし、今年の618セールでは、その成果は目を見張るものがあります。

6月10日までに、小紅書の618セールにおける注文数は昨年同期の3倍に達し、ライブ配信での注文数は昨年同期の5.4倍、購入ユーザー数は昨年同期の5.2倍に増加しました。この1年間で、小紅書は独自の「バイヤー+店頭配信」二輪駆動モデルを確立し、注文数とGMV(総商品取扱高)の顕著な増加を実現しました。
今やライブ配信は小紅書の重要な成長分野となっています。エコシステムの継続的な進化に伴い、小紅書は商家により多くの売上と露出をもたらし、ユーザーとのつながりを深化させています。「画像ベースのSNS」から始まった小紅書は、ついに自らのライブコマース時代を迎えました。

販売の「常識」を打ち破る:低フォロワーでも千万円のGMVを実現

急成長するGMVの背景には、小紅書が従来のライブコマースの常識を覆したところにあります。一般的に、フォロワー数はインフルエンサーの商業価値を測る重要な指標とされていますが、小紅書は新たな可能性を示しています。フォロワー数が数万人や十数万人であっても、バイヤーは数百万から数千万のGMVを創出でき、この「フォロワー至上主義」の常識を打ち破りました。

小红书のプラットフォームでは、バイヤーの成功はフォロワー数だけで測れません。フォロワーが少ないバイヤーでも、独自の個性や製品理解を活かして、短期間で高い転換率と驚くべき売上を達成しています。
例えば、フォロワー51.8万人を持つ人気ブロガー「一颗KK」は、618セール期間中の単独ライブ配信で取引額が3000万元を突破し、多くの家具・インテリアブランドをミリオンブランドへと導きました。

「一颗KK」が短期間でこのように高い商業価値を実現できたのは、彼女の家居センスの正確な理解だけでなく、フォロワーとの深い信頼関係にもよります。製品の説明に加え、彼女はライブ配信中に生活の理念や失敗を避けるアドバイスを共有し、フォロワーは彼女の選択を信頼し、家居のアドバイスを求め、彼女の推薦で商品を購入するようになったからです。

この信頼関係こそが、小红书のバイヤーモデルの核心的な強みです。小红书のバイヤーモデルの興隆により、多くのブランドが消費者に正確に届けることができるようになり、ライブコマース業界に新たな活力が生まれました。成功するプロモーションは、単に低価格競争に依存するのではなく、感情に訴えることが重要です。

なぜ小紅書はユーザーから好まれているのか?

他のプラットフォームが低価格競争を展開する中、小紅書は斬新なアプローチで消費者の心を捉えました。
では、小紅書にはどんな魅力があるのでしょうか?


それは、他のプラットフォームとは異なる「温かさ」です。他のメディア型プラットフォームとは異なり、小紅書は温かくポジティブなエネルギーに満ち、親近感を与えてくれます。
ここでは、人と人、そして人とコンテンツの間に深い絆が生まれ、ユーザーはシェア、交流、インタラクションを通じて自分の居場所を見つけます。
小紅書のコミュニティの本質は「人」との関わりにあるため、ライブ配信でも、緊張することなく、リラックスした楽しいショッピング体験が得られます。
小紅書はユーザーの積極的な参加と体験のシェアを奨励し、これによりユーザーのプラットフォームへの関与を深め、電子商取引に持続的な活力をもたらしています。

小紅書の「バイヤー」は、他のプラットフォームの販売者と異なり、単なる商品販売者ではなく、生活美学の伝道者であり、ユーザーに視覚的かつ感情的な体験を提供します。この独自のバイヤーモデルは、小紅書を電子商取引分野で際立たせています。
しかし、価格やサービスの面では、小紅書のバイヤーモデルは他のプラットフォームと比べてやや劣る部分もあるのは事実です。
拼多多(Pinduoduo)、淘宝(Taobao)、京東(JD.com)などの伝統的な電子商取引や抖音(Douyin)などのコンテンツ電子商取引との競争が激化する中、小紅書は引き続きイノベーションを続け、サービスを最適化し、ユーザー体験を向上させる必要があります。これにより、小紅書は電子商取引の戦いで不動の地位を築くことができるでしょう。

PR:REDインフルエンサーを活用し、中国人に向けてPRしませんか?

中国版インスタ&アマゾンである「RED」で活躍するインフルエンサーを活用し、PRすることが中国では流行っています。REDインフルエンサーを活用したプロモーションの事例や詳細資料を無料で配布しています。上記よりダウンロードください。